※この記事は掲載から 1年以上経過しているので、情報が古い可能性があります。

Windows ADKってなに?

Windows ADK には、Windows オペレーティング システムのカスタマイズ、評価、新しいコンピューターへの展開に使うことができる、OEM、ODM、IT 担当者向けのツールやドキュメントが用意されています。Windows ADK が対応する主なシナリオには、Windows 展開と Windows アセスメントの 2 つがあります。

出典:Windows ADK の概要

Microsoft 公式ページではこのように書かれています。

少し噛み砕いて説明すると、企業が Windows を展開しやすいようにする様々なツールがセットになったもの、という感じです。

Windows ADK 自体はただの総称で、そのなかに「Windows PE」とか、「Windows SIM」といったものが入っています。

これらを使って、Windows を展開しやすいようにカスタマイズしたり、展開用のイメージを作ったりすることができるのです。

Windows ADK をインストールするには?

まずは、Windows ADK のダウンロードページにいきます。

↑[Dlownload the Windows ADK for Windows10, version 1803] をクリックして、インストーラーをダウンロードします。

↑ダウンロードに、「adksetup.exe」があると思うので、ダブルクリックします。

↑ 実行します。

↑ 次へ

↑ 次へ

↑デフォルトのまま [インストール] をクリックします。

↑インストールが完了するまで待ちます。30分くらいかかるかもしれません。

↑これでインストールが完了です。

これで Windows 展開のためのツールが揃いました。